コンプエース 2012年 1月号 購入

2011年11月29日 | プリズマ☆イリヤ | コメント(0) 2011-11-29 18:03:19
コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (1)

表紙はPSPゲームの魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE -THE GEARS OF DESTINY-
なのはとヴィヴィオと一緒に移ってるのはゲームに登場するキャラクターですね。
自分はゲームを遊んでないのでこのマテリアルズについて詳しくは知らないんですよ。
とある格闘ゲームの情報体みたいな扱いなんでしょうか?
そのマテリアルが活躍するマテリアル娘が新連載するのでこの機会にチェックしてみようと思います。


コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (2)

付録として真剣で私に恋しなさい!のドラマ&ラジオCDが付いてきます。
約55分収録でドラマパートはタカヒロさんの書きおろしだとか
前半のラジオパートはまじこいが初めての人向けのキャラ紹介を含めた語りです。
後半のドラマパートは5話のエピソードが楽しめます。
中々面白かったですが男はキャップのみで大和が居ないからちょっと物足りないかもしれません。
でもタカヒロさんが書いてくれてるしキャストが8人も居るので充分豪華で満足できました。
個人的に2話の仲良し三人組が良かった。


Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし
衝撃的な登場を果たしたギルガメッシュ幼年体バージョン。
まさかのすっぽんぽんで(笑)

コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (4)

全裸なのに堂々としているとはさすが英雄王であらせられる。
イリヤと美遊のほうが恥ずかしがってますよ
これが青子先生みたいなショタコンのお姉さんだったら大喜びでしょう(笑)
イリヤ達には刺激が強すぎるようですねw

コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (5)

この子ギル、分離したけど力の大半は黒い英雄王の下にあるみたいです。
子ギルのゲート・オブ・バビロンにはろくなものが無いとか。
この分だとエアも向こうにあるのでしょうね。
小ギルの台詞から察するにつつがなく受肉もしてそうでいよいよ手に負えなくなってきた感じです。
とりあえずバビロンに服が入っていたのはイリヤ達には幸いだったね(笑)

そして黒い英雄王が聖杯を求めていることや、今回の件に平行世界が関わっていることが明らかに。
ここはやっぱりかーって感じですね。
予想してたとはいえ、こうやって核心に迫られるとテンション上がる。

コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (7)

子ギルよって暴かれる美遊の触れられたくない秘密。
聖杯戦争の続きをするには美遊が必要。
そして美遊は平行世界のお姫様!?
盛り上がって来ましたね!


コンプエース 2012年 1月号 Fate関連 (10)

コンプティークにまたカーニバル・ファンタズムのドラマCDが付くので要チェックですね。

Fate/Zero 第9話 「主と従者」 感想

2011年11月27日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-11-27 12:40:08


タイトルのとおり、各陣営の主従の様子が描かれてました。
ランサーが聖杯戦争に挑む理由も今回で明らかになります。
それを踏まえてランサーの現状を見ると彼の運命に同情を禁じ得ないですね。

終始殺伐とした雰囲気を最後のライダー陣営が吹き飛ばしてくれました。

TAKEMOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版

2011年11月26日 | TYPE-MOON | コメント(0) 2011-11-26 19:03:52
TAKEMOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版 (1)

カーニバル・ファンタズムの原作となる「TAKE MOON」の復刻特別版がついに発売です。
復刻版じゃないのも当然持ってるんですがこれにしか付いてこない特典DVDが目的で買ってきました。


TAKEMOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版 (4)
TAKEMOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版 (5)

TAKEMOON本誌

以前の「TAKEMOON」「TAKEMOON2」を一冊にまとめたものになります。
単行本未収録だったREXで掲載された話や新規描きおろしあとがきが新しく収録されてました。

TAKEMOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版 (3)

総天然色フルカラーイラスト集 『武梨えり TYPE-MOON ARTWORKS』

武梨えりのTYPE-MOON関連カラーイラストを網羅した、大ボリュームのフルカラーイラスト集!
主にアンソロジーなどで使われた描きおろしイラストが多いですね
大体は知ってるつもりでしたがお弁当を作ってるキャスターは初めて見ました

TAKEMOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版 (2)

カーニバル・ファンタズム番外編DVD 『カーニバル・ファンタズム EX Season』

やっぱりこれが記事のメインになりますね
特別版はけっこう値段が高いのですがこのDVDだけでもその価値はあったと思います。
収録時間20分以上で相変わらず面白いですよ。

以下はアニメの感想です。

まんが4コマぱれっと 2012年 1月号 購入

2011年11月24日 | 氷室の天地 | コメント(0) 2011-11-24 13:00:00
まんが4コマぱれっと 2012年 1月号 氷室の天地 (1)

表紙は四季おりおりっ!
イラストはぬくぬくした感じの三女・秋乃ちゃんです。
今回はちょっぴりシリアスなお話でしたね。


氷室の天地 Fate/school life 磨伸映一郎

まんが4コマぱれっと 2012年 1月号 氷室の天地 (2)

さて、今回は僕の考えた最強偉人の第二弾。
赤ずきんがクリーチャーだったりサンジェルマン伯がドラえもんだったり発想が面白い。
アイディア送った方も選んだ方も斜め上すぎますねコレw
ベンジャミン・フランクリンの女性化などは作中でも突っ込まれてますよw

まんが4コマぱれっと 2012年 1月号 氷室の天地 (3)

最強存在賞はラッキーマザー。
まあ確かにコレは存在的に強いですね(笑)
ミトコンドリアが反逆するとあるゲームを思い出しましたw

そして執事KISSA-Cってw
一緒に出てきたギモーブと今日はいい天気のネタで笑ってしまったw
シモ・ヘイヘが凜に召喚されてたらどうなったんだろうというのは気になりますね。
神様みたいな人達相手にどう立ち向かうのかとか。
それでも勝ち抜けるかもしれないと思わせる辺りがシモ・ヘイヘの凄いところですねw

氷室の天地の5巻は1月21日発売とこちらも楽しみですね。

Fate/Zero コミックアラカルト 乱雲編

2011年11月23日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-11-23 13:00:00
FateZero コミックアラカルト 乱雲編 (1)

コミックアンソロジー「Fate/Zero コミックアラカルト 乱雲編」
カバーイラストは松竜さんによる描き下ろし、セイバーとアイリとイリヤです。
この3人は本当に良いですな。

今回もカバーを外すと磨伸映一郎さんの描き下ろしイラストが
たぶん映画ネタだと思うけどは元ネタが分からないな。
誰か知ってる人が居たら是非教えてほしいです。

以下感想です。

MELTY BLOOD X (2) 桐嶋たける

2011年11月22日 | 花のみやこ! | コメント(0) 2011-11-22 13:00:00
ELTY BLOOD X 2巻 桐嶋たける (1)

果てなく続くピラミッド!? 路地裏同盟の明日はどっちだ!
シオン達の路地裏同盟が活躍する物語がついに完結。
もともとドラマCDを基にした話なのであっという間に終わってしまいましたね。
ドラマCDの内容そのまんまかと思いきやオリジナル展開があります。
ドラマCDを聞いた人も予想外のトンデモ展開で楽しませてくれますw

ELTY BLOOD X 2巻 桐嶋たける (2)

いきなりアルクェイドとシエルのジャイアント対決。
大きさに関係なくカレー大食いと言う時点でシエル先輩に勝てる気がしませんw
カレーということで空櫃のキルシュタイン改めカリード・マルシェさんの名前と能力が登場。
こういうコアなファンしか知らないようなの設定を拾ってくれて嬉しいです(笑)

ELTY BLOOD X 2巻 桐嶋たける (3)

白レンも少しだけ登場。
自分も一応路地裏同盟の一員だからと力を貸してくれます。
相変わらずツンデレ可愛いな!

ELTY BLOOD X 2巻 桐嶋たける (4)

最上階にてオシリス改との対決。
前のバージョンのオシリスの砂と比べるとちんまくて可愛い。
そして黒幕というか元凶は琥珀さんだったという衝撃の(そうでもないかw)事実が判明。
というか先ほど行く手に立ちふさがった難敵もある意味琥珀さんの仕業ですよね(笑)
琥珀さんが関わっているとなれば秋葉も本気になるしかありませんよw

というわけで遠野家の協力もあって路地裏同盟は無事にピラミッドを破壊して三咲町に平穏を取り戻しました。
リーズバイフェさんに加えてオシリス改まで加わって賑やかさを増しましたね。
というか路地裏同盟がものすごい勢力になりつつあるな(笑)


前回のシリーズで一度終わっていたシリーズがもうちょっとだけ読めたのは良かった。
路地裏同盟の3人娘がまたいい味を出していて楽しめました。
こういったメルブラのお笑い担当が繰り広げるドタバタコメディがもっと見たいですね。
また別のエピソードのコミカライズに期待です。

Fate/Zero 第8話 「魔術師殺し」 感想

2011年11月21日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-11-21 08:00:00


戦いに次ぐ戦い、見入ってしまってあっという間の8話でした。
サーヴァントだけでなく魔術師同士の戦いも見ごたえバッチリ。
見所はタイトルにもある「魔術師殺し」である切嗣の戦闘シーン。
コンテンダーから発射される魔弾を炸裂させるまでの過程は必見でした。
今回は綺礼も参戦して底知れぬ強さを見せ付けてくれます。

そして色々言われてますがセイバーは可愛いと断言する。

Fate/Zero 第7話 「魔境の森」 感想

2011年11月13日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-11-13 18:51:10


セイバーとキャスターが激突。
キャスターの触手とそれを切り伏せるセイバーのシーンが凄かった。
そしてマスター同士の戦いも熱い。
ケイネスと切嗣の魔術対決も力が入っていて魅せてくれます。

空の境界 the Garden of sinners (1) 天空すふぃあ

2011年11月12日 | 空の境界 | コメント(1) 2011-11-12 19:47:25
空の境界 the Garden of sinners 1巻  (1)

TYPE-MOONの奈須きのこさんの作品である空の境界のコミック版がいよいよ発売。
コミカライズしてくださったのは天空すふぃあさんです。
映画も小説もヒットしたこの作品。いままでコミック版が無かったのが不思議なくらいですね。
「空の境界 未来福音」も一緒に買ってきました。
同人版を持ってるのですがせっかくなのでゲットです。

「この式になら、自分はもう一度恋に落ちるだろう」

帯にある奈須きのこさんの謳い文句に偽り無しです。

収録されてるのは第1章「俯瞰風景」第2章「殺人考察(前)」の途中まで
連載はの方では第3章「痛覚残留」がはじまっていて丁度いいですね。
多少削られていますが原作に忠実。
話の筋はよくまとめられていて、読みやすくわかりやすいと思います。

絵の雰囲気が空の境界という作品ににマッチしていて良い。
キャラクターの魅力も損なうことなく表現されていて美麗な絵柄を堪能できます。

空の境界 the Garden of sinners 1巻  (3)

式はやっぱり可愛いな。
ただこの巻に限って言えば織がダントツで可愛いです。
バトルなどの荒々しいシーンもしっかりと描写されていて素晴らしい。
“直死の魔眼”のカッコよさも健在ですよ。

空の境界 the Garden of sinners 1巻  (4)

他のキャラクターも魅せてくれます。
表現力が上手いのかな?
橙子さんの切り替えもしっかり伝わってきます。
この危ない雰囲気のお姉さんがまた良い。
そこ!凶暴とか言わない!(笑)


良質なコミカライズでした
原作とアニメも面白かったですが、こうやって再び空の境界を楽しませてくれて嬉しいです。
また原作やアニメを見て比べて見るのも面白いかもしれませんね。
この作品は星海社の公式サイト「最前線」でのweb配信で連載中ですので気になる方はチェックすべし。

天空すふぃあ『空の境界 the Garden of sinners』原作/奈須きのこ | 最前線

コンプティーク 2011年 12月号 購入

2011年11月11日 | Fate | コメント(0) 2011-11-11 13:50:15
コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (1)

コンプティーク創刊28周年&特別記念400号!
ということで?表紙がキラキラ光ってます。
コンプティークの歴史が掲載されてますけど、28周年って結構な歴史ですよ。
表紙イラストも付録も「ましろ色シンフォニー」
巻頭特集も組まれていました。


コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (13) コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (14)

付録は乾紗凪の枕カバー。
イラストは紗凪の裸Yシャツ姿ですよ。
その裏は縞パンとニーソ。
表だけでもレベルが高いですがこれは使うのに勇気がいりますね(笑)


コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (2)

特別記念400号のお祝いサイン色紙プレゼント。
TYPE-MOON関係だけでも7枚、そのうち2枚が武内崇さんのものとなっています。
これはどれを選ぶか迷いますな。


コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (3)

カーニバル・ファンタズムの記事。
アルクェイドとセイバーの魔女っ娘コス・・・いいね!
次号のコンプティークにはCPのオリジナルドラマCD第3弾が付くので要チェックですね。


フェイト/エクストラ Phantasm7:誇りの戦いⅡ ろび~な
アーチャーの過去が明らかになります。
生前の勝つためには手段を選ばなかったアーチャーの一部始終が見られました。
ミセバヤの花言葉である「憧れ」からアーチャーの憧憬へと繋げたのが面白い。

コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (5)

白野はセイバーと共にアーチャーとダン卿との決闘へと赴きます。
ゲームではいきなり決戦場で決闘でしたがコミカライズではアーチャーは姿を隠しての狙い撃ち攻撃に徹します。
祈りの弓で毒の結界を展開して自分の姿はマントで相手にはわからない、そして執拗な狙撃と隙がない。

コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (6)

ふくれっつらするセイバーかわええ。
セイバーの啖呵とダン卿の呼びかけでどんな手を使っても勝とうとするこの姿勢を捨てるアーチャー。
酔狂なマスターにあてられてアーチャーことロビン・フッドは騎士としての決闘に応じます。
この二人は騎士に対する憧れとか似ているんですよね。
結果的には負けることになりましたが、誇りある戦いに身を投じれたアーチャーもダンも満足そうです。

迷いを捨てた白野に道を指し示すダン卿。
自分の在り方を知ったからか顔つきや目に力がこもった気がしますね。
相変わらずよくまとまっていて面白いコミカライズ。次回のエピソードも楽しみです。


ひびちかタイム 15Time 大森林
千鍵のしゃっくりを止めるためにみんなが四苦八苦。
ビックリさせるという古典的な方法を取るのはお約束ですね。

コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (10)

ひびきも奮闘するがちょっとベクトルが違うでしょう(笑)
周りのクラスメイトが戦慄してますよw
ひびきは天然でかわいいよね!

コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (9)

スナオの驚かし方もスゴイ。
身のこなしの軽さは流石ですが対応がひびきとえらい違いますね。イライラするってw
黒衣先生なんて殴られてるしw

色々あったが千鍵のしゃっくりは無事止まる。
しかし今度はひびきとスナオが・・・お約束のオチですねw


コハエース 第7話「2006年 Fate/Zero」
血で血を洗うウロブチ界は確かに油断禁物ですね。
いやいやきのこ界も捨てたものではない・・・ってどっちも物騒だな(笑)
「どっちもどっちじゃないですか」
いやまさしくそのとおりですw

イスカンダルは設定資料で名前しかない頃から気になってましたよ。
あの情報では思いを馳せるなというのが無理な話でしょう。

コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (12)
コンプティーク 2011年 12月号 Fate関連 (11)

Fate/Zeroという作品が世に出て実際の活躍を見て更に気に入りましたよ。
というかZeroのキャラクターはどれも甲乙つけがたいほど魅力的ですよねw
そしてZeroネタではセイバーさんは弄られる宿命なのか。
色々言われますがなんだかんだでセイバーさんはみんなに愛されてると思う。

月刊ニュータイプ 2011年 12月号 購入

2011年11月10日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-11-10 11:35:24

今月のニュータイプにはなんと劇場版魔法少女まどか☆マギカプロジェクトの初報が掲載されています。
雑誌の発売前に既に情報は出回っていましたが、こうして雑誌の告知を見ると改めて実感。
魔法少女姿のほむらとアルティメットまどかの描き下ろしの表紙も素晴らしくてテンションが上がります。