コミックマーケット81 3日目

2011年12月31日 | TYPE-MOON | コメント(0) 2011-12-31 21:01:19
コミックマーケット81 3日目 (1)

コミックマーケット81終了。
冬の寒空の下で参加した皆さんもお疲れ様でした。

コミックマーケット81 2日目

2011年12月30日 | TYPE-MOON | コメント(0) 2011-12-30 22:11:27
C81 TYPE-MOONブースの様子 

二日目終了。
もちろんTYPE-MOONへ行きました。

ヤングエース 2012年 2月号 購入

2011年12月29日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-12-29 08:00:40
ヤングエース 2012年 2月号 Fate関連 (1)

表紙はTVアニメ放送間近「Another」
巻中カラーで番外編も掲載されてますよ。
付録でアニメ先行プロモーションDVDがついていたりと力が入ってます。

セイバーの1メートル超特大ポスターもあります。
武内崇さんのスーツを艶やかに着崩しているセイバーのイラストがたまりませんな。


ヤングエース 2012年 2月号 Fate関連 (2)

今月号の「Fate/Zero」はまたもやキャスター陣営のお話。
セイバーを迎えに来たシーンで双方の心中の語りが分かって面白い。
狂乱するキャスターの百面相も激しい感情の変化の様が伝わってきますね。
怒り狂ってるときの旦那の顔怖いです。

「まさに外道!」

アニメでは全部カットされた人間オルガンもコミカライズで先にお披露目です。
他にも人間パラソルなどの工芸品の画が分かりましたが、やっぱりグロイですね(汗)

ヤングエース 2012年 2月号 Fate関連 (5)

解剖学書を使ってキッチリ描いてるらしいです。
真じろうさんお疲れ様です。そして見事なコミカライズをありがとうございます。
アオリとか見てると先生もけっこうノリノリなんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうか?w
そして人間パラソルの案はもう一つあったとか。
怖いもの見たさでどんなアイディアか気になりますよ。

ヤングエース 2012年 2月号 Fate関連 (3)

そして雨生龍之介が単なる殺人鬼ではないというのがよく分かります。
キャスターは生前の経緯もあって色々とぶっ飛んでるんですが、
龍之介はぱっと見ると持ち前の探究心と好奇心の旺盛さで人生を精一杯に楽しむ好青年なんですよね。
でもやってる事はアレだったりするという。
道徳観念がある無しでこうも変わるのかと考えさせられます。

相変わらずアニメでは省かれたセリフも拾ってくれたのは良かった。
アニメだと心情描写などが無いので彼の悪性が分かり辛いんですよね。
でもアニメ13話では龍之介の持つ宗教観のシーンをしっかりやってくれました。


今月号の「Fate/Zero」もグロいのが苦手な人は見ないほうが良いでしょう。
真じろうさんの見事な画力によって結構なグロさになっています。
キャスター陣営はBD-BOXでどのようになってるか本当に気になる所ですね。

コンプエース 2012年 2月号 購入

2011年12月27日 | プリズマ☆イリヤ | コメント(0) 2011-12-27 21:15:10
コンプエース 2012年 2月号 (1)

表紙はらき☆すた。
なんだか表紙も付録も新年ムードですね。


Fate/Kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ! ひろやまひろし

コンプエース 2012年 2月号 (2)

本編お休みで番外編です。
栗原雀花とその姉によるコミケ前の修羅場。
時期的は違えどネタがタイムリーですね(笑)

コンプエース 2012年 2月号 (3)

なんとこの番外編はTYPE-MOONエース VOL.7に掲載されていた番外編と繋がってます。
落とした原稿の台割にミミちゃんの「禁断のカルテット」が採用される事に。
登場人物の題材はもちろん友達です(笑)
性転換させる前のアイディアとか見てみたいかも

今回は番外編と言うことでページも少ない短めのお話でした。
プリヤは今最高に盛り上がってるのでそりゃもう先が気になってます。
子ギルの活躍が早く見たいですよ。

Fate/Zero 第13話 「禁断の狂宴」 感想

2011年12月25日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-12-25 20:06:10


今回はキャスターと龍之介の宗教観。
そしてライダーとウェイバーの覇道の兆しと卑屈さについての話が光ります。
今までに良好な主従関係を築いて来たこの二組。
ここに来て更に深まる絆が見所ですよ。

今回で1クール目が終わるFate/Zero。
ハッキリ言って良い引きすぎて先が凄い気になります。
生殺しもいいところですが2クール目に期待して待ちましょう。

Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 感想

2011年12月18日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-12-18 14:43:14


ギルガメッシュの語る娯楽の本道と愉悦の在り方について。
初登場時に比べると上機嫌なギルガメッシュは見ていて面白い。
回を重ねるごとにギルガメッシュの底知れなさを思い知らされる。
それと対照的に鉄面皮だった綺礼の表情が変化します。
好奇心をくすぐられ、罪人の道に誘い込まれた綺礼の葛藤がよく分かります

今回はギルガメッシュと綺礼の会話がメインでした。

魔法使いの夜 体験版 感想

2011年12月16日 | TYPE-MOON | コメント(0) 2011-12-16 22:39:59
魔法使いの夜 体験版  (1)

短いながらも魔法使いの夜を堪能できます。
これだけでも作品を構成する要素はどこをとっても素晴らしい思い知らされる。
特に演出技術の凄まじさには打ちのめされました。
月並みなセリフだがすごいという感想しか出てこない。



以下ネタバレ有りの感想です。

TYPE-MOONエース VOL.7

2011年12月15日 | TYPE-MOON | コメント(2) 2011-12-15 23:42:28
TYPE-MOONエース VOL (1)

タイプムーンエース Vol.7 買ってきました!
表紙は「魔法使いの夜」の蒼崎青子さん。
付録も青子さんづくしですよ!


TYPE-MOONエース VOL (2)

今回の目玉は「魔法使いの夜」の体験版でしょう。
さっそくプレイしてみましたが・・・これはやばいですよ
延期は褒められたことではありませんが待たせただけはあるって感じですね。
期待していた以上のものが出来上がっていることに衝撃でした。
同業者じゃなくてもこれは手間をかけすぎだろうと思います。
また別途に記事を設けて語りたいな。


TYPE-MOONエース VOL (4)

2012年4月12日発売予定と告知もありました。
ようやく来るかと思いつつもまだ安心できないのが型月ファンの心理でしょうね(笑)
この体験版を遊ばせてさらに延期とならないことを祈るばかりです。

奈須きのこさん、こやまひろかずさんのスタッフインタビューもがっつり掲載されてます。
開発について色々と面白い話が聞けました。
その中でも演出の面やスクリプトの作業に関する部分が興味深かった。

「つくりものじの演出はそばで見ているとまるで手品のようです。」

演出担当のつくりものじさんがどれだけ凄いかよく分かります。
シナリオに対してスクリプトが15倍のところがある、
奈須きのこさんの原稿10枚が命令文では4倍になってるなど演出が一番の難産だったというのも頷けます。


TYPE-MOONエース VOL (5)

TYPE-MOONと他社とのコラボ情報。
バンプレストさんとは一番くじプレミアムの企画が進行中で青子のフィギュアも出ます。
こやまひろかずさんの描き下ろしの青子のドレス姿にやられた。
TGの時の水着姿といいこのグラマラスボディは本当に高校生か!


TYPE-MOONエース VOL (6)

スクエアエニックスとは「ロードオブヴァーミリオンRe:2」とコラボ。
アーケードのカードゲームなのですが自分は遊んだことはありませんね。
ただ、こやまひろかずさんの描き下ろしイラストカードがあるとなるとちょっと手を出してみたくなります。
カードだけでも手に入れておくのもいいかも。


TYPE-MOONエース VOL (7)

そしてFate/Zeroの中間報告はかなり見ごたえあります。
なんせ14人の方々が語ってくれていますからね。

奈須きのこさんとあおきえい監督の対談ではBD-BOXに収録される特典映像について。
とりあえずstay nightユーザーが安心できるZeroモノだとか。
奈須きのこさんシナリオってだけで何も心配どころか楽しみになっちゃいますね。

武内崇さん、須藤友徳さん、碇谷敦さんの座談会では作画の話がメインですね。
須藤友徳さんがイケメン担当で碇谷敦さんが筋肉担当といった感じでしょうか。
見直してみるとこのお二方が関わる作画の回はよりクオリティが高いです。

虚淵玄さん、鋼屋ジンさん、東出祐一郎氏さんの談夜話では各話の反応が見れます。
プリズマイリヤの分岐点はあそこだったのか!とか、随所にある裏話なんかも興味深かった。

とまあこれだけでもかなりのもので、内容もまた濃くて嬉しい限りでした。

Fate/Apocrypha ACT1「Unbirth」


TYPE-MOONエース VOL (8)

事前に告知のあった「Fate/Apocrypha」
企画段階におけるゲームの話ではなく小説が掲載されてました。
執筆者は東出祐一郎さんということで安心の実力派です。
ACT1ということなので今後の展開も期待して良さそうですね。これは楽しみが増えて嬉しい。

内容はジャック・ザ・リッパーがアサシンとして召喚される話ですね。
というわけでアサシンのマスターも登場します。
みんなの期待通り?女性なので問答無用でおかあさんと呼びますよ(笑)

今回の聖杯戦争の話もちょろっと出てきます。
アポクリファでは用意された参加枠は14で聖杯のサポートもそれに応じて半分になってるとか。
通常だと英霊の召喚だけならこのサポートのおかげで簡単なんですよね。
この聖杯戦争では英霊の召喚や制御なんかは魔術師の力量なんかでフォローしないといけない。
あとは聖杯の器は身近なものが自動的に承認されるなど、従来とは違う所が多々ありました。

とりあえず主従関係は最高の相性なようだ。
伝説の殺人鬼であるジャック・ザ・リッパーがこんなにカワイイとは。
まだまだ導入部といった感じですがこれだけでも今後の展開に期待が持てます。
スキルや宝具のお披露目もあり、それも含めて面白い小説ですよ。


TYPE-MOONエース VOL (3)

付録の蒼崎青子マスコットフィギュアチャーム。
ちっちゃいながらも良くできていてカワイイ。

いつもTYPE-MOONエースは楽しませてもらってますが今回も文句なしに面白かった。
レビューで語りつくせないほど大ボリュームで読み応えはバッチリです。
これはTYPE-MOONファンには是非読んでもらいたいですね。

以下コミックの感想です。

Fate/Zero 第11話 「聖杯問答」 感想

2011年12月11日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-12-11 13:14:36


騎士王・征服王・英雄王の3人による王たちの狂宴。
3人の王が聖杯をどのように扱うかというのが明らかに。
問答にて王道をぶつけ合い、そして酒を飲み交わして語らいます。
そしてセイバーの「王の器」がライダーに問い質される話でもあります。
予告にあったセリフがいくつか無かったりと今回は結構省略されてるようだ。

一番の見所はライダーの「王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)」
征服王イスカンダルの威容を見せ付けるシーンは文句なしの迫力でした。

コンプティーク 2012年 1月号 購入

2011年12月10日 | Fate | コメント(0) 2011-12-10 19:22:45
コンプティーク 2012年 1月号 Fate関連 (1)

表紙はセイバー。
何気にアヴァロンを抱きかかえていたりと最強の状態ですね。


コンプティーク 2012年 1月号 Fate関連 (2)

TYPE-MOON NEW YEAR'S EVE という巻頭特集が組まれてます。
カーニバル・ファンタズムの特集ページには3rd Seasonの新規情報がありました。
秋葉の精神が幼女になってしまうエピソードが収録されますよ。
CPでは何気に秋葉が優遇されているような気がしますね。


コンプティーク 2012年 1月号 Fate関連 (3)

そして今月号にはカーニバル・ファンタズムの付録がついてきます。
TYPE-MOON 10周年記念ドラマCD
「タイガー&ブルマー with ネコアルク VS メカアキハ」

・遠野秋葉:・・・ひと美
・琥珀:・・・高野直子
・遠野志貴:・・・野島健児
・藤村大河:・・・伊藤美紀
・イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:・・・門脇舞以
・ネコアルク:・・・柚木涼香

タイトルと登場人物からしてカオスだと思ったそこの貴方。正解ですよ。
内容もまさしくカオスでしたw
そしてパッケージイラストで見切れている志貴は最初わからなかったよ。

秋葉のモノローグで始まり最初は月姫を感じさせる雰囲気で始まりますがそれも数秒のみ。
琥珀さんが新しく作ったというメカアキハの事を語りだした辺りからどんどんおかしくなりますw
タイガー&ブルマーが登場するともうカオスまっしぐらでした(笑)
メカアキハは本物と見分けが付かないくらい精巧だとか、しかもアンドロイド。
琥珀さんはもう何を開発しても驚きませんよw
タイガーも竹刀すげー!とかそんな令呪でいいの!?とか驚かされっぱなし。
まさしく珍騒動というかカオスなドラマCDでした。


「カーニバル・ファンタズム キャラクターコレクションポスター」

コンプティーク 2012年 1月号 Fate関連 (4)

リバーシブルになっていてそれぞれCPのキャラ設定表、片面が来年のカレンダーとなっていました。
キャラ設定表のほうは公式サイトで公開されてないものもけっこうありました。
リズやセラなども目が行きましたがやはり乾有彦が居たのが嬉しかった。
声優の櫻井孝宏さんの名前もあるしこれはカーニバル・ファンタズムに出てくると考えていいのだろうか?
個人的に期待していた羽ピンと蒼香のデコボココンビの設定画が無かったのが残念でしたね。


フェイト/エクストラ Phantasm9: Alice,s Tea Party ろび~な

3回戦ということでありすとアリスの登場です。
いままでアリーナ探索の描写はなかったのですが今回から鍛錬もかねて潜ることに。
漫画ではトリガーを集めないのでダンジョンも無いのかと思ったら普通にありました。
考えて見れば今までアリーナの探索無しでぶっつけ本番で2回も勝てたというのは凄いですねw
凛があぶなっかしいという気持ちも分かります。

コンプティーク 2012年 1月号 Fate関連 (5)

ありす可愛いな

コンプティーク 2012年 1月号 Fate関連 (6)

・・・ありす怖いな!

鬼ごっこをしていきなり「名無しの森」の展開。
愛らしい外見に騙されると痛い目を見る羽目になりますよ。
でも一番かわいいのはやっぱりセイバーですね。
ありすに抱きつかれてる白野をチラチラと伺ってる仕草がたまりません。


ひびちかタイム 16Time 大森林
アーネンエルベ恒例のクリスマスパーティ。
スナオちゃん初参加からもう一年。
二人+αで始まったまほうつかいの箱も賑やかになりましたね。

コンプティーク 2012年 1月号 Fate関連 (7)

今回は黒衣先生も参加。
スナオは愛されキャラですよねー。
人気で言えばひびきと千鍵に負けてますが、そのうち並んじゃいそうな勢いです。

コンプティーク 2012年 1月号 Fate関連 (8)

路地裏同盟も友情出演。
そういえばひびきにはいつもお世話になってましたね(笑)


コハエース 第8話「2007年 たいころetc」
たいころはそこそこに絶賛放映中のZeroの話題が多目です。
2007年はZeroの小説が完結した年なのでぜんぜんおっけーですね。
旬なネタというのもありますがw

コンプティーク 2012年 1月号 Fate関連 (9)

Zeroのアニメは本当に素晴らしい出来ですね。
そしてあのアニメの話はしてはいけない。
下手をしたら型月的な意味で抑止力が動きますよ。

そういえば2007年はFateのPS2版が出た年でもあったのか。
色々あったんだなとちょっと懐かしくなりました。
TYPE-MOONは2011年も色々ありましたね。
最後に皆が待ってるアレのサプライズがあるかどうかが今年最後の楽しみです。

マジキュー4コマ Fate/Zero 四コマ聖杯戦争 (1)

2011年12月08日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-12-08 20:09:15
マジキュー4コマ FateZero 四コマ聖杯戦争 1巻  (1)

表紙はたぽさん。
セイバーさんがヒロインに見えますな。
他の何人かのサーヴァントにアプローチかけられるのであながち間違ってないかもしれませんがw
漫画のほうは執筆してないようで残念ですね。
個人的にたぽさんのネタは好きなので

4コマということでFate/Zeroをもっと楽しみたいファンにオススメです。
こちら で何本か立ち読みできますよ。

以下感想です。