ひびちかタイム 大森林 第27話 感想

2012年11月09日 | まほうつかいの箱 | コメント(0) 2012-11-09 22:47:35
コンプティーク 2012年 12月号 (17)

ひびちか童話劇場はじまるよ~。
シンデレラならぬチカギレラ。
チカギレラって語呂はいいけどなんかイメージ悪いですねw

コハエース+ 経験値 第9話 感想

2012年11月09日 | コハエース | コメント(0) 2012-11-09 21:45:13
コンプティーク 2012年 12月号 (15)

今度はプロジェクトクロスゾーンにハマったようです。
セガ魂を持つこの人が反応しないわけありませんでしたね。
こういうのに型月が参戦とか見てみたいけど難しいんでしょうね。
カプコンの枠でひとつ!・・・無理かなw

フェイト/エクストラ ろび~な 第17話 感想

2012年11月09日 | Fate/EXTRA | コメント(0) 2012-11-09 20:32:56
コンプティーク 2012年 12月号 (8)

ランルー&ランサー戦決着。
レオがヴラド三世の真名を教えてくれたりしてたので予想はしてましたが学園内での決着となりました。
つまり4回戦は不戦勝扱い。
それでも報酬(対戦相手の情報)をくれるという話ですけどつまり5回戦のモノだろうか。
なんにせよオリジナル要素で面白くなってきた。

コンプティーク 2012年 12月号 感想

2012年11月09日 | Fate | コメント(1) 2012-11-09 18:00:00
コンプティーク 2012年 12月号 (1)

表紙はufotable描き下ろしのFateヒロインたち。
「氷室の天地」の磨伸映一郎さんが脚本を手がけるFate/PrototypeのドラマCDが付録。
そして巻頭特集でTYPE-MOON winter Special も組んでいて自分的にオイシイ一冊です。

コンプティーク 2012年 12月号 (2)

11月26日発売のプリズマイリヤ ドライ1巻の表紙イラスト

コンプティーク 2012年 12月号 (3)

プリズマ☆イリヤの新装版が登場。

コンプティーク 2012年 12月号 (4)

コンプエースから新しく連載する「花のみやこ」のあらすじが載っていました。
「武闘派マンモス学園に入学したなんちゃって八極拳をあやつるあの子が」
とありましたので主人公はおそらく有間都古で確定かな。

アーネンエルベコンプ支店 第10回

コンプティーク 2012年 12月号 (5)

アンダーナイトのキャラデザ担当の吉原ほのかさんによるシオン。
エルトナムさんもよろしく!

コンプティーク 2012年 12月号 (6)

お掃除だけはからっきしなひびき可愛いよ。

Fate/Prototype ドラマCD「船上のメリークリスマス殺人事件」

花澤香菜/櫻井孝宏/中村悠一/中井和哉/豊崎愛生 豪華キャスト陣が熱演!!
となっているけど脚本が磨伸映一郎先生ということで既に笑いの気配がw
いやでも最初はちょっとロマンスっぽい要素ありますけど・・・
注意事項からして前と同じ、そしてまたもや男塾のネタがw

綾香「これはひどい」

大体この一言で説明できる(笑)。
内容は聖杯戦争が終わった設定でのお話ですけど本編とはまったく関係ない時空で間違いない。
ランサー「レッツバーティー」とかアーチャー「この気持ち、まさしく愛だ!」
よくある声優の声ネタパロディから氷室の天地をはじめとした型月ネタも炸裂。

声優さんもやり慣れてないキャラをよく演じてくれました。
沙条姉妹が特にはっちゃけていて綾香に関しては終始ツッコミばかりです。
かなり豪華なんですけどやっぱり予算とかその他もろもろの問題とかあるのか(笑)。
嘘かまことかキャスターは予算の犠牲になったとか。

というわけで題名からも感じるように難しく考えずに普通に楽しめるギャグCDでした。
来月号のフェイト/エクストラのドラマCDも期待しています。

フェイト/エクストラ Phantasm17:道化と怪物 ろび~な

コンプティーク 2012年 12月号 (8)

ランルー&ランサー戦決着。
レオがヴラド三世の真名を教えてくれたりしてたので予想はしてましたが学園内での決着となりました。
つまり4回戦は不戦勝扱い。
それでも報酬(対戦相手の情報)をくれるという話ですけどつまり5回戦のモノだろうか。
なんにせよオリジナル要素で面白くなってきた。

コンプティーク 2012年 12月号 (9)

凛とラニも今後の動きが気になる。
お弁当対決はある・・・絶対ある(願望)。

コンプティーク 2012年 12月号 (7)
コンプティーク 2012年 12月号 (10)

戦闘シーンを混じえつつランルーくんにスポットを当てています。
二人の退場がけっこうあっさり気味なのが少し残念ですね。

コンプティーク 2012年 12月号 (11)

恒例のセイバーさんの湯浴み
今回の見所は間違いなくここだな、うん。

コンプティーク 2012年 12月号 (12)
コンプティーク 2012年 12月号 (13)

白野と一緒に寝る、朝まで手を放すなとかあざとすぎるでしょう。
お風呂上がりのセイバーと一緒のベッドとかそりゃ寝れないわ。動悸も激しくなるわ。
白野の「俺はこのままでもいい」という言葉がシーンのせいで真面目な台詞に聞こえないw

次はいよいよ5回戦だけど魔力供給のシーンとかどうなるのか激しく気になります。

コハエース+ 第9話「マチアソビ☆レポ」

コンプティーク 2012年 12月号 (15)

今度はプロジェクトクロスゾーンにハマったようです。
セガ魂を持つこの人が反応しないわけありませんでしたね。
こういうのに型月が参戦とか見てみたいけど難しいんでしょうね。
カプコンの枠でひとつ!・・・無理かなw

コンプティーク 2012年 12月号 (16)

徳島のマチアソビは本当に面白そうですね。
いつか行ってみたなーとは思ってるんですよ。
自分みたいに行けなかった人はこのレポート漫画で無聊の慰めとすべし!

コンプティーク 2012年 12月号 (14)

社長も月姫リメイクが忙しいから行けなかったみたいです。
いいわけじゃないよね!?本当だよね!?
マチアソビのトークショーでもディスったらしいけど生で聴きたかったかな(笑)。

次のマチアソビでもコハエースが活躍するに100ペリカ!

ひびちかタイム 27Time 大森林

コンプティーク 2012年 12月号 (17)

ひびちか童話劇場はじまるよ~。
シンデレラならぬチカギレラ。
チカギレラって語呂はいいけどなんかイメージ悪いですねw

コンプティーク 2012年 12月号 (18)

お助け魔法使いはマジカルアンバーのコスをしたひびき。
ケモ耳似合ってるね。

コンプティーク 2012年 12月号 (19)

プリンス・ケータイさん
王子様は誰かと思ったらケータイさんでした。
ああ、これはどうあってもロマンスできないねw

最後のオチを見てチカギレラは現状が十分幸せなんだろうと思ったり。

フェイト/エクストラ CCC 週刊ファミ通 2012年11月22日号より

2012年11月08日 | Fate/EXTRA | コメント(0) 2012-11-08 18:00:00

Fate/EXTRA CCCの新情報が掲載されていました。
ファミ通.comの『フェイト/エクストラ CCC』新マスター&サーヴァントの詳細が判明からも確認できます。

ヤングエース 2012年 12月号 感想

2012年11月03日 | Fate/Zero | コメント(0) 2012-11-03 10:00:00
ヤングエース 2012年 12月号 Fate関連 (1)

今月号は貞本義行さんのエヴァの付録が二つ付いてきました。
特製ブックレットの内容は先月号に掲載された内容がそのまま載ってるだけなので割愛。

Fate特集記事で花札の新規カットがひとつだけありました。
赤セイバーさんが自分と奏者はムーンセルで一番のカップルだと自慢げに話しているシーンです。
早くフルボイスで聞きたいですねー。

ヤングエース 2012年 12月号 Fate関連 (2)

ケイネス先生お疲れ様でした ※まだ退場してません

ヤングエース 2012年 12月号 Fate関連 (3)

何もかも切嗣の思い通り。
ケイネスはまんまと起源弾を打ち込まれて魔術回路を滅茶苦茶にされてしまいました。
コミカライズ版ではこの起源と切嗣の礼装の説明は、まだ少女の面影を残す舞弥との回想シーンで語られています。

ヤングエース 2012年 12月号 Fate関連 (4)

切嗣の手先の作業と精密機械の関係。
30-06スプリングフィールド弾のくだり。
アニメでは語られなかったこの辺も一連の流れでうまく説明していてすごい。

ヤングエース 2012年 12月号 Fate関連 (6)

綺礼による問題のリョナシーン。
そして二人の女が愛する男のために信念を持って立ち向かうシーンでもあります。
痛めつけられるアイリと舞弥の苦悶の表情。
身悶え苦しむ人妻という字面だけ見れば色っぽいんですけどね。

ヤングエース 2012年 12月号 Fate関連 (5)

内蔵とかはないんだけどお腹の串刺しから手を縦に裂いちゃうとこがなんともグロイ。
ブヂヂって・・・。

ヤングエース 2012年 12月号 Fate関連 (7)

狐につままれた顔 のセイバーがなんかイイ
致命傷からアヴァロンの力で回復したアイリを見てこの表情ですよ。
原作では「驚きに目を白黒させる」とありますがこういうのもアリですね。

ヤングエース 2012年 12月号 Fate関連 (8)

すごいです(胸が)
回想シーンでアヴァロンを体内に取り込むところは宝具よりも豊かな胸に目が行く自分に罪はない。


というわけで、今月はアインツベルンの森の決戦が終わるところまででした。
問題のシーンが控えめに感じるのは真じろうさんの今までの描写に慣れてマヒしたせいでしょうかw