Fate/Zero 第2話 「偽りの戦端」 感想

2011年10月09日 | Fate/Zero | コメント(0) 2011-10-09 21:54:48


最初から最後まで力はいってますね。何と言っても見せ方が上手い。
面白くてあっという間に時間が過ぎてしまいました。
そしてイリヤかわいいよイリヤ。
アイリが聖母ならイリヤはまさしく天使です。

「征服王イスカンダルが、この一斬にて覇権を問う!」

初っ端から図書館の本を 窃盗 略奪するライダー。
シャッターをぶち破って登場のライダーにウェイバーは大慌てですw
どの主従も魅力的なのですが、ウェイバーとライダーの主従はZeroの中で一番好きだという人も多いと思います。
アニメでは今のところ雁夜おじさんが人気ですがまだまだ最初ですから今後の人気がどうなっていくか楽しみです。



マケドニアとペルシャ、生前の自分の領地がどの辺りなのかウェイバーに尋ねるライダー。
戦には地図が必要だといって用意したのは世界地図。
ええ、この人は目の前の聖杯戦争じゃなくてその後の世界征服のことで頭がいっぱいですw
マケドニアという単語に征服王イスカンダルの名乗りでライダーの真名は分かりますね。
教科書にも載っている史上最大の大帝国を築いた世界の覇者、まさに歴史上の英雄です。

ウェイバーは終始押されっぱなしです。
まだまだ最初なのでプライドが高いけどヘタレといった感じです。
ウェイバーの目的も「小さいわっ!」と一蹴されてしまう始末。
聖杯の力で30cmほど背丈を伸ばしてもらえって(笑)
ドラゴンボールに同じような願いを持っている総帥が居ましたねw

サーヴァントの分際で!と令呪を使おうとするウェイバーくん。
ここで思い留まれるところが合理的な考えをする魔術師らしいですね。ちょっと危なかったですけどw

そしてイスカンダルの宝具である「神威の車輪 ( ゴルディアス・ホイール )」が登場。
やっぱりカッコイイですね!これが動き回ったらどうなるんだろうと今からワクワクしてます。

「ずるーい! ズルイズルイズルイ! キリツグずっとズルしてた!」



イリヤが可愛すぎる・・・これが天使か!
表情や仕草がどれも秀逸で・・・なんだこれ、可愛すぎだろう!?
この可愛らしい動きがあるだけでも破壊力が半端ないものに仕上がっている・・・。
これぞまさしく幼女ではないでしょうか。
ちなみに自分はロリコンではない。

仲睦まじい親子の様子を眺めているセイバーとアイリスフィール



「それは出過ぎた感傷だ。私の時代の、私を含めた人間たちの判断について、そこまでとやかく言われる筋合いはない」
「だから黙ってるのよ。あの人は」
「衛宮切嗣と、アルトリアという英雄とでは、どうあっても相容れないと――そう諦めてしまっているのね。
 たとえ言葉を交わしたところで、互いを否定し合うことしかできないと」


セイバーとアイリとのやり取りは後々の事を考えさせられます。

「COOL! 最高だ! 超COOLだよアンタ!」



キャスターを召喚する雨生龍之介。彼等が最後の参加者にして最狂最悪な主従ですね。
快楽殺人鬼が聖杯戦争と魔術師のことも知らず、ただの偶然だけで令呪とサーヴァントを得たという展開。
まさしく運命の悪戯でしょう。
この二人は放映するに当たってどこまでの再現となるか気になってたのですがしっかりやってくれました。
画面が暗いのは仕方ないでしょうね。それでもおぼろげながら見えてますけど。
声優さんの演技もドラマCDの時と同じですごいハマってます。
「ねー坊や、悪魔って本当にいると思うかい?」からの展開は凄惨ながらも視聴者を引き込みますね。
しかしこんなものはまだ序の口。果たして今後のシーンではどこまでやってくれるのか戦々恐々としてます(笑)



青髭と名乗るキャスター。
これは分かりやすいヒントですね。青髭のモデルは二人居るんですよね。
でもクラスの事を考えればおのずと彼の真名が分かると思います。

遠坂の要塞のような結界を難なく突破していくアサシン。
襲撃シーンをこんな風に演出するのは面白い。
結界の映像かもいいですね。というか凄い動いてるなw
ここまでかっこよく動くとは思ってなかったので不意打ちでしたね。
まるで赤外線を避ける洋画を見ているかのようなシーンでした。
その流れるような華麗な動きを見て素直にハサンかっけーって思いましたよw



しかし彼の前に現れたのは英雄王。
なんというかっこよさ・・・圧倒的なオーラ、いやさ王気(オーラ)を放ってます。
ギルガメッシュの宝具である王の財宝(ゲート・オブ・バビロン)も着弾が一つ一つあるのが素晴らしい。
この丁寧な描写だけでファンとしては感無量です。
こんなアーチャーを恐れる必要が無いということか?
いえ、綺礼は間違ったことは言ってないんですよ(笑)
アサシンはあっさり退場したなー、と思っている人はこの話のタイトルを覚えておくといいかもしれません。

そしてEDが今回お披露目に。
歌は放送前から結構流れていたのですが、やはりEDもOPも良い曲ですね。
気になるムービーの内容は英霊達の生前の様子が描かれたもの。
これは彼らの生涯の一端が垣間見れて中々にくい演出です。
ランサーと一緒に居るグラニア姫が美人ですね、こりゃフィンが怒るのも無理は無いかなw
ギルガメッシュに関してはエンキドゥが居て欲しかったと思ったり、
まだ回想シーンでの登場があるかもしれないので期待して待ちましょうか。
英霊達の過去イメージを背景にしているので、彼らの正体を知ってると感慨深いものがありますね。


予告からすると次回はいよいよランサーが登場。
アクションシーンがどうなっているのか本当に楽しみです。

コメント

サイト移転作業中のため一時的にコメント欄を閉鎖しています。6/23 AM7:00頃に作業完了予定です