Fate/complete material III World material. 感想

2010年11月14日 | Fate | コメント(0) 2010-11-14 23:06:19

Fateシリーズのマテリアル第三弾の感想です。

第3弾となる今巻では、聖杯戦争の仕組みやその歴史を紹介すると共に、奈須きのこ氏が構築した魔術理論を、TYPE-MOON完全監修の元、徹底解説!
第一弾がイベントCGや版権イラスト、第二弾がキャラクターグラフィック、ラフ画、デザイン画だったのに対して第三弾はFateシリーズにおける様々な設定が網羅されてました。

聖杯戦争におけるサーヴァント、令呪などのシステムやFate本編で活躍したサーヴァントの詳細はもちろん、魔術師や協会などの組織も新たな情報が出てきて嬉しかったです。
いままで名前くらいしかわからなかった彷徨海について書いてあったりして、型月ファンを興奮させてくれます。
英雄の出自とスキルなどの解説は読み応えありですね。

さらにタイガー道場のダイジェスト、そしてPS2版の新規イラストも全て掲載されてました。
いままで設定資料集に収録されてなかった、レアルタ・ヌアのイラストがあったのは素直に嬉しいです。

自分のオススメは「奈須きのこ × 一問一答」のコーナーです。
7ページにわたってコアな質問ばかり、死徒27祖とサーヴァントはどっちが強いの?という型月ファンなら誰でも考えるであろう質問もあり、Fateのファンが長年気になっていた疑問も解消されるでしょう。


ワールドマテリアルの名のとおり世界観紹介の第三弾でしたが、この一冊のみでも十分満足できる出来でした。
来年春にFate/comlpete material IVが発売されるとのことですが、内容は不明です。
まだ資料集が出てないhollowなのか、それとも最近出たFate/EXTRAなのか、内容が気になるところですね。
大穴で旧Fateの資料集がきたら驚きますけどねw

コメント

サイト移転作業中のため一時的にコメント欄を閉鎖しています。6/23 AM7:00頃に作業完了予定です